aubiglobe|一番得するプロバイダ|

auひかりのプロバイダを徹底比較!最強にお得なプロバイダとは

auひかりの契約を考えている人の中で、プロバイダ選びでどこが一番得するのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

auひかりで契約できるプロバイダはめちゃくちゃたくさんありますが、どのプロバイダと契約したとしても、回線自体はauひかりのものを使っているので変わりません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

当サイトでは、光回線のすべてを知り尽くした管理人の私が、auひかりのプロバイダ選びのコツと、一番得する最強のプロバイダを紹介しています。是非一度ご覧になってください。

めちゃくちゃお得なプロバイダを選ぶ秘訣とは

そもそもプロバイダというのは、エンドユーザーの個人宅とネット回線をつなぐ仲介業者のようなものです。光回線であるauひかりを使うには、プロバイダなくして成り立ちません。

auひかりで契約が可能なプロバイダには次のようなプロバイダがあります。

BIGLOBE、So-net、GMOとくとくb、@nifty、ASAHIネット

プロバイダによってはキャンペーンが大きく違っていたり、オプションが違っていたりと、いろいろな違いがあります。

本当に顧客のためになるような優秀なサービスを提供しているプロバイダを選ぶコツとしては以下のようなものがあります。

1,もらえるキャッシュの金額と受け取りまでが短いかどうか

2,光回線の上りと下りのスピードが早くて安定しているか

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上記の3つのポイントを一個ずつ詳細に解説していきたいと思います。

ポイント1 キャッシュバックの総額と申請のしやすさ

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダのキャッシュバック金額は大きく違いがあって、1万円、2万円違うなんていうことはざらにあります。

キャッシュバックが全くもらえないところもあれば、超高額なキャッシュバックをしているところもあります。

どのプロバイダ業者と契約したとしても、auひかり自体の回線は全く同じなので、基本的なプランは変わりません。

以上のようなことから、auひかりの契約を検討している人は、高額なキャッシュバックに惹かれないで、確実にもらえるところを選ぶのが肝心です。

ポイント2 回線がどれだけ高速で安定しているか

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

もちろんですが、auひかりの回線自体が高速なので、たとえ一番遅いプロバイダから契約したとしても使えないくらい遅いなんてことにはなりません。

とはいっても、できる限り早くて安定しているプロバイダを選びたいものですよね。

ポイント3 オプションが充実しているかどうか

3つめに着目するべきポイントとしてはセキュリティが厳重になっているかどうかです。

安心度の高いインターネット環境をそろえるためには、セキュリティが必須になってきます。ハッキングやウイルス対策をしていないと、クレカや個人情報などが漏れてしまうこともあります。

プロバイダ各社のセキュリティが毎月いくらぐらいで使えるのかあらかじめチェックしてから利用しましょう。

圧倒的におすすめなauひかりのプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりの具体的な項目を一覧表にしているので是非一度ご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

いろんな面で万能なのがダントツで「GMOとくとくBB」になります。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBはプロバイダ業者として20年以上の実績を持っている、東証一部上場企業です。

GMOとくとくBBの魅力はなんといってもそのキャッシュバック金額ではないでしょうか。ですが、キャッシュバックの受け取り方に特徴があります。

11ヶ月後と23ヶ月後にメールで送られてくる、キャッシュバックの案内を1ヶ月以内に返信しないと、キャッシュバックを受け取ることはできません。

一番高額のキャッシュバックを手に入れたい人には特におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBは回線速度や安定性なども一番優れているといっても過言ではありません。

GMOとくとくBBの平均的なダウンロードスピードは約500mbpsくらいあります。なので、回線速度も重視しているひとにもおすすめのプロバイダとなっています。

無名なところはやめておこう

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

こちらのプロバイダはauという名前の通りKDDIが運営しています。

auひかりとauoneは、どちらもKDDIが運営しています。

同じau系列同士なので、得しそうな雰囲気がありますが、実はキャッシュバックが1万円程度しかもらえません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auからのキャンペーンを減らしたりキャッシュバックを減らしたりすることにより、ほかの業者が営業しやすくなるという仕組みなんです。

BIGLOBE

BIGLOBEは電機メーカー系のプロバイダで、かのNECが創業したプロバイダになります。

キャッシュバック金額は最大で5万円くらいとなっています。

とはいっても、BIGLOBEにはキャッシュバック以外のキャンペーンが不十分です。

キャッシュバック金額が6万円以上もあって、そのほかのキャンペーンなども充実しているGMOとくとくBBの方が断然おすすめです。

DTI

このプロバイダは東京電力の孫会社、ドリームトレインが運営しています。

リモートでの補助が無料で使えるというメリットがあります。

DTIのキャッシュバックは約4万円くらいありますが、実際に振り込まれるまでの時間が1年以上もあるので、おすすめできるものではありませんね。

auひかりを契約する手順

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

それでは、GMOとくとくBBの契約方法の流れを解説していきたいと思います。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

右上にあるエリア検索をクリックして、次のページを開きます。

手順2 住所や名前を入力する

次のページを開くと、個人情報を入力する画面になります。

手順3 折り返しの電話をまつ

すべての情報を入力したら、申し込みフォームを送信します。

申し込みが完了すると1週間くらいでauひかり側から工事日程の電話が折り返しかかってきます。

この電話で、光回線の工事日程を決めましょう。

手順4 光回線が開通

光回線の自宅への引き込み工事が完了すると、光回線でのインターネット接続ができるようになります。

auひかりのプロバイダに関する質問まとめ

auひかりの光回線自体とプロバイダについての疑問質問をまとめてみました。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

auひかりはプロバイダだけを乗り換えることはできないようになっています。

auひかりはすこし特殊になっていて、プロバイダと回線がセットになっているので、回線自体を解約する必要があります。

プロバイダを変更したい人は、auひかりの回線を解約し直しましょう。

質問2 auひかりを解約するときの費用

auひかりの解約金や違約金は次のようになっています。

どのプランを契約しているかによっても違いがありますが、だいたい1万円から1万5千円の間となっています。

この解約金はどこのプロバイダ経由で契約していたとしても同じ料金となります。

質問3 プロバイダの確認方法

auひかりのプロバイダはマイページから確認できます。

マイページのアクセス方法がわからないときは、月額料金の引き落とし明細などに書かれていることもあります。

auひかりで一番お得な窓口を見つけるには

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、回線速度や安定性、キャッシュバックキャンペーン、オプションの豊富さ、受け取りやすさ、すべての観点から一番すばらしかったのが「GMOとくとくBB」です。

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

GMOとくとくBBなら次のような特典を手に入れることができます。

1,最大で61000円のキャッシュバックがもらえる!

2,毎月500円以上もかかるひかり電話が3年間も無料で使える!

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりの代理店などを具体的に比較する

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

これらの比較表を見てみると、auひかりを本当に申し込むのであれば、GMOとくとくBBが一番最強だと一目瞭然だと思います。

auひかりを申し込むときに受け取ることができる特典には、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

そもそもとして、プロバイダというのは、回線業者と消費者の間に立ち、仲介的な役割をしている業者のことです。プロバイダがなければ光回線に接続することはできません。

auひかりを契約するときに、どこのプロバイダ経由で契約したとしても、公式のキャンペーンも適用してもらえるので、ダブルでキャンペーンをもらうことができます。

次の章からは公式キャンペーンの具体的な内容などをチェックしていきましょう!

auが公式でやっている特典もある

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

携帯会社がauであれば、数ある光回線業者の中でもauひかりが一番割引で使えるでしょう。

auひかりの詳細は以下のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式キャンペーンとしてやっているものにはいくつかあって、なおかつすべてのキャンペーンを同時に適用することができます。具体的に一つ一つ解説していきたいと思います。

公式キャンペーン1 乗り換え時に負担してくれる

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

他社の違約金を肩代わりしてもらうためには、auひかりを申し込んでから1年以内に、乗り換えサポートの申請書をauひかりに返送します。

返送すると申請を受け付けてから1ヶ月後くらいにauPAYにチャージしてもらえます。現金では負担してもらえませんのでご注意ください。

auPAYというサービスはauPAY加盟店のお店で買い物やショッピングなどができるスマホ決済です。

基本的にはスマホから使用するのですが、スマホを持っていないときはカードにチャージしてもらうこともできます。

このau公式の乗り換えキャンペーンを肩代わりしてもらうためには、条件があるのでチェックしておいてください。

他社の固定ネット環境、モバイルルーターからの乗り換えはキャンペーン対象外です。

ひかり電話とずっとギガ得プランに入って、3年以上使うこと。

乗り換えキャンペーンを適用してもらうためには、3年間で自動で更新されるずっとギガ得プラントひかり電話への加入が必須となっています。

公式キャンペーン2 工事費が割り引き!

auひかりの初期費用というのは、回線の引き込み工事がほとんどですが、ひかり電話を同時に申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

auひかりの工事費用はマンションが3万3千円、一軒家が4万円かかりますが、このキャンペーンを使うと、これらの費用が無料になるということです。

工事費用が分割になり毎月の月額から請求されますが、それが0円になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

auひかりの光回線を契約期間満了することにより、工事費用を0円にすることができます。

公式キャンペーン3 auユーザーにはすごいお得!

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

契約しているスマホのプランによって割引金額は違ってきますが、家族全員がauのユーザーであれば、全員分が割引になる太っ腹な割引キャンペーンです。

以上のように、auひかりは数ある光回線の中でも特段に優れたキャンペーンを多数実施しているので、auの利用者は圧倒的におすすめですね!

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

auひかりのずっとギガ得プランへ契約することにより、5ギガなどの高速プランが割引されます。

このキャンペーンを適用するためには、ホーム10ギガか5ギガを申し込まなければなりません。

ですが、この2つのプランは提供地域が関東4都県に限られているので、ご注意ください。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりのプロバイダや代理店では公式サイトとはまた別にダブルでキャンペーンをやっているので、それだけ得することができるのです。

代理店やプロバイダがやっている独自の特典は各社によって大幅に違いがあるので、選び方を間違えるとかなり損したりしてしまいますので注意しましょう!

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 かなりのキャッシュバックがある!

キャンペーンで一番目を引くのが、高額のキャッシュバックキャンペーンではないでしょうか。

auひかりを契約できるプロバイダのほとんどは、auひかりの公式サイトがやっているよりもダントツで大きい金額のキャッシュバックをやっています。

たとえばですが、当サイトで一番おすすめしている「GMOとくとくBB」を例に挙げると、一軒家の場合は約6万円、マンションの場合は約5万円もの高額な現金がもらえます。

独自キャンペーン2 ルーター端末が無料!

自分の家で快適なネット回線を楽しむためには、Wi-Fiルーターが必須になってきます。

このWi-Fi端末を無償でもらえたり、レンタルをしてくれるプロバイダがあります。

GMOとくとくBBだったら、何種類かある高性能なWi-Fiルーター端末を1台もらうことができます。

レンタルだと解約したときに返却しなければなりませんが、もらえるのでメリットがすごく高いと思います。

悪質な代理店やプロバイダを回避する方法

プロバイダとか代理店の中には、ものすごい高額なキャッシュバックを実施していて、そういうところで申し込んだ方がお得に感じたりもします。

とはいっても、こういうおいしい話には常に裏があって、そういうところも全体的に見通す必要がありますね。

悪質な代理店によくあるパターンを解説してきたいと思います。

注意点1 オプション加入が必須条件になっている

高めのキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダや代理店を見てみると、オプションが絶対必要だったりします。

キャッシュバック金額がいくら高額だったとしても、自分が使わないようなオプションをつけてしまったら元も子もありませんよね。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ひかり電話への加入はスマートバリュー適用してもらうために必須条件なので、ひかり電話の加入だけでキャンペーンを適用されるようなプロバイダを選びましょう。

注意点2 受取期間が先に設定されている

キャッシュバックのもらい忘れを意図的に作り出している雰囲気があるプロバイダなどはやめておきましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線を契約したら確実に振り込まれるわけではなくて、時間差で遅れて申請手続きをしなければならないので、それまで覚えておかなくてはなりません。

上記のような、申請や受け取りまでにものすごく時間がかかるときは、注意しましょう。

注意点3 知り合い紹介が必須だったりする

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

たとえば、自分が契約し終わった後に誰かを紹介しなければいけなかったりするパターンです。

光回線や固定回線なんて、そうそう入れ替えるものでもないので、新しく光回線を契約したいと思っている知り合いなんて見つけるのは難しいですよね。

こういった実現できなさそうなキャッシュバックキャンペーンの条件というのは、結局受け取れないのが落ちなので、そもそもこういう窓口から契約するのはやめておくに限りますね。

こういったパターンもあるので、契約しただけでキャッシュバックがもらえるようなプロバイダを選べば一番最高ですね。

注意点4 基本料金が割高になっている

キャッシュバックがたくさんもらえる代わりに、総合的な支払額が多くなってしまうというパターンもあります。

たとえば工事費無料キャンペーンがないかわりにキャッシュバックが高くなるパターンとかがあります。

auひかりは工事費用が完全に無料となっていますが、代理店やプロバイダなどの窓口によっては、auからもらえる工事費を窓口が受け取る代わりに、キャッシュバックとして支払うという、一見するとお得にも見えるキャンペーンをやっていますが、これはよく考えると工事費をキャッシュバックしているに過ぎません。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

一番特なのはやっぱり「GMOとくとくBB」!

ここからは、キャッシュバックキャンペーンに秀でているプロバイダを比較検証していきたいと思います。

結論からいうと、auひかりで一番最強クラスにお得な窓口は「GMOとくとくBB」となります。

一番最強に得するプロバイダや代理店を比較するときは次のようなコツがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

ちなみに、次の一覧表以外にも申し込みができる場所はいくらでもありますが、キャッシュバックが数万円以下のところは含めていません。

なお、auひかりでスマホセット割りをしてもらうためには、光電話への加入が必須になっているので、そういうのも含めて比較しています。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックがたくさんもらえることは去ることながらも、毎月550円の光電話が戸建てなら3年、マンションなら2年も無料になるので、めちゃくちゃお得です!

とくにauのスマホを持っている人は、GMOとくとくBBがおすすめです!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは東証一部のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、auひかりの数あるプロバイダの中でも圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBなら、auひかりのプロバイダの中でダントツで最高峰のキャッシュバックがもらえて、さらに高性能な市場価格で1,2万円くらいのWi-Fiルーター端末までもらえます。

auユーザーが使えるスマートバリューに必要な光電話も無料で加入できるので圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックは次のようになっています。

1,GMOとくとくBBを契約するときに専用アドレスを作ります。

2,回線が開通してから11ヶ月目と23ヶ月目に上記で作った専用アドレスに案内のメールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

auひかり公式キャンペーンについて

auひかりのキャンペーンについての疑問や質問などについて解説しています。

1,オプションにもキャンペーンはあるか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好きなチャンネルだけを登録して毎月約1600円くらいで使うことができるプランとなっております。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,5ギガや10ギガのプランのエリアについて

10ギガや5ギガなどの高速プランは、関東だけの戸建てのみが適用条件となっています。

auひかりは独自の回線を使っているので、通信速度や安定性に高評価があるので、該当エリアであれば快適なインターネットが出来ると思います。

auひかりを契約するときはプロバイダを厳選しよう!

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

auひかりのキャンペーンには、公式サイトでやっているものと、プロバイダや代理店が独自でやっているものの2つがあります。

また他にも、公式でやっているキャンペーンはプロバイダ独自のものと同時並列的に活用できるので、プロバイダから申し込んだ方が圧倒的にお得になります。

実施中のキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBというプロバイダが一番お得です!

GMOとくとくBBなら以下のような特典を手に入れられます。

1,61000円ものキャッシュバック!

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高級で高性能なルーターがが無料でもらえる!

これだけたくさんの特典がもらえるプロバイダや代理店は他にありません。

GMOとくとくBBでとくに優れている点としては、6万円ものキャッシュバックと、回線のスピードと安定性ではないでしょうか。

また、公式特典として次のような特典も同時に適用してもらえます。

1,他の光回線からの乗り換えで解約金が負担してもらえる

2,光回線の引き込み工事費用が無料

3,auの携帯を持っている人は1回線で500円から1000円割り引かれる!

上記のように、au公式の特典とプロバイダの独自特典を併用することによりかなりお得になります。